行って、楽しんで、考えよう。
鎌倉野村総研跡地編

現地は山の中。行こう、秋の遠足へ

2018年12月「野村総研跡地の今後の利活用プラン」を住民主体で(勝手に)鎌倉市に提案します。先立ち、幾度か現地へハイキングへ。歩きながら考えます。おしゃべりしながらご一緒しませんか。

「え、オレのこと?」「アタシのこと?」と、ついうっかり思ったあなた、はい、あなたのことです。普段の日と週末と、何度か開催しますのでご都合よい時にご参加くださいね。「どんな企業に来て欲しい?地域にどんなサービスがあると嬉しい?」 緑あふれる、海の見える、この豊かな場所を、関わる人が誇れる、最高にワクワクする場所にするためにみんなで考えてみませんか。

発してみよう

こんな企業に来て欲しいなぁ


投稿された意見は行政に届けます。集計は本サイトやSNSで公表されることがあります。

もっと発してみよう

伝えたいことがあるのよ。ちょっと聞いてよ

投稿された意見は行政に届けます。

とにかく行ってみよう
或いは、のぞいてみよう

歩きながら考えてみる?秋の遠足に行きますよー。
複数回開催、受付・最新情報はFacebookでね。

HISTORY

歴史・経緯を知る

野村総合研究所が1965年に日本初の本格シンクタンクを目指し創業した地です。15年以上鎌倉に眠っている広大な跡地。2002年に鎌倉市に寄贈され、幾度か話題となりながら利用されない状況が続いてきました。大きすぎると取り扱いに困るもの。161,000m2(48,700坪)。現在、行政を主体に、企業誘致の動きとともに、市民が活用できるあり方を模索している段階にあります。

Public × Business × Private

私たちは住民自治協働体

くらすことが、仕事になる。くらすことで、豊かになる。私たちは「くらしのアトリエ」。知恵と愛と誇りを持って、これからの生き方・暮らし方に取り組みます。ワクワクすることに、楽しく、本気で、誠実に取り組む、オトナコドモたちです。